-

雑誌の折込チラシ、スポーツ紙、電話ボックスに見かける広告やDMなどで、「借金の効率化いたします」「債務を統合しませんか」などといった広告を閲覧することがよくあります。これらは、「整頓業者」「買取業者」「紹介屋」という名の悪徳会社の詐欺広告のケースもあります。頼んだ場合には破産申立の中で最重要な免責認定を受け取れない危険性も存在します。「整理人」というのは、債務者をおびきよせ、法外なサービス料を請求して債務整頓をするのですが、実際は整頓は実行されずに、負債者は借金地獄にはまってしまうケースが9割方になります。「買取専門人」というのは借金者のローンで、家電、旅行の利用チケットを購入させ、負債者から買った品々を買った値段の20%〜額面半額で購入するという方法が知られています。債務者はその瞬間はお金が手に入りますがまもなくクレジット会社からの品物の督促がきて、負債額を増大させる結末になります。このケースだとカード業者への詐欺行為とされてしまい免責許諾を受けられなくなります。「つなぎ業者」とは大口の金融業者から拒絶された債務人に対して、直接的な融資はしないで、資金提供をしてくれる異なる店を教えて、常識外のサービス料を取っている会社です。手の込んだ手続きで融通してもらえたというように会話しますが、現実には何もせず、ただ規程の緩やかな企業を説明しているだけなのです。このときも負債額を悪化させる結果となります。