-

特定調停も任意による整理と同じようにそれらの貸方に対しての債務の返済を継続することを選択する債務の整理の方法です。言い換えるなら裁判所における負債整理といえます。特定調停という方法も先の方法と同じように破産申告と違ってある部分のみのお金だけをまとめることができますので他の保証人が関係している借入を除いて手続きをしていく場合やマンションのローン以外で手続きする場合等でも使用することもできますし、築き上げてきた財産を手放すことは要求されていないため株式やマンションなどの個人資産を保有していて、放棄したくない場合などでも有効な借金整理の手順になるでしょう。しかし、手順を踏んでから返済が必要となる額と現実の給与等の収入を比較し、だいたい完済が見通せるようならばこの特定調停による手続きで進めるほうが良いといえますが、破産とは異なって負債自体がクリアになるということではないため、借りている総量がかなりになる状況の場合手続きを進めることは難しいと考えるのが無難でしょう。いっぽう、特定調停は裁判所が介入するので司法書士事務所などに関わってもらわなくても立場が弱くなる心配はないことや手続きのための諸費用を減らせるという良いところは注目できますがきびしい催促に自ら応対していくことになることとか、実際の裁判所に数回行くことが必要になるなどといった注意点もあります。さらには、任意整理による処理と比べると、この方法で同意に達しない際には利子をそのまま付けた形で返済していかなければならない点や結果的に債権を持つものに対し払っていくお金が任意整理による方法の場合よりも増える傾向にある等のデメリットもあります。