-

民事再生という方法は住宅のローンを含む多重の債務に困っている債務者のために住宅を維持したまま金銭管理において立ち直っていくための法的な債務整理の手段として2000年11月に適用されるようになった解決策です。民事再生は、破産申告みたいに免責不許可となる要素はないのでギャンブルなどで借金したような場合においてもこの手続きは問題ないですし破産宣告をしてしまうと業務が不可能になってしまうような業界で仕事をされているような場合でも制度の利用ができます。破産手続きでは住んでいるマンションを残しておくことは考えられませんし、特定調停と任意整理では圧縮した元金を支払っていくことが必要ですので、住宅ローン等を含めて支払うのは実際問題として困難だと思われます。とはいえ、民事再生という手順を選択できれば住宅のローンを除く負債は相当なものを減らすことができますので、住宅のためのローンを支払いながら残りの債務を返済していくようなことができるというわけです。民事再生という選択は任意整理や特定調停とは異なってある部分のみの債務を省いて処理していくことは考えられませんし破産においてのように借金それそのものなくなるわけでもありません。また、これ以外の解決方法と比べていくらかめんどうで手間もかかりますので住宅のローンを組んでいて住居を手放すわけにはいかないような時以外の、破産申告等といったそれ以外の方法がない際の限定的な手続きと見ておいた方がいいでしょう。